ベトナムへの株式投資は情報が集めやすくて銘柄選びも簡単!

ベトナムへの株式投資

国内株式をやっていると、だんだん国際分散投資にも目が向いていきます。国際分散投資というのは、その名の通り、海外などにも資金を分けることです。

投資先としてはアメリカや中国といった大国も一つですし、新興国などもあります。新興国は、日本から直接買えるところが少なく、投信を積立てたりする人も多いです。

そんな中でも投資対象として人気の新興国ベトナムについて詳しく取り上げさせて頂きます。

今注目されている株式投資先「ベトナム」

そんな中で、まだまだ経済成長が見込める投資先として東南アジアを挙げる人が多いです。東南アジアは、日系企業も増えてきているので、投資しやすい場所でもありますね。

現在はSBI証券などでインドネシアやベトナム、シンガポールやタイといった国の株を購入することができます。

おまけに、このうちベトナムについては、有数の経済発展国として注目を浴びているので、ベトナム株の情報を扱っている専門サイトも多いです。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

なのでベトナムでの株式情報はネット上で簡単に情報収集することができるようになりました。

ベトナムではインフラ銘柄が伸びている

ベトナムでは、ホーチミンとハノイの二箇所に証券取引所があります。それだけ活発に株の取引がなされているわけですね。

個別銘柄に投資したい人には、注目企業レポートといった情報が役立ちます。

まだまだ、ガスや郵便系の基本的なインフラの伸び率が高く、銀行などが注目されているのがベトナム株の特徴です。

ベトナム株の取引は当然現地時間になります

ちなみに、取引自体は現地時間で行われているので、直接やるなら現地時間に合わせて取引をすることになります。

とはいえ、多くの日本人がベトナムへの投資をしているので、一時期よりも初心者も取引しやすくなりました。

慣れてくれば、現地の投資口座を開くのもオススメです。時間もかかりますが、手数料が安くすむので取引を細かくしやすいという利便性があります。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)