株価の値幅制限の意味とは「安全性を高める」重要な仕組みです!

値幅制限

株式市場では値幅制限が儲けられ、上限になるとストップ高、下限になればストップ安となる事が有ります。

こういった制限に遭遇された経験のある方も多いと思います。最近では上海株等がストップ安になりました。

基本的にこの値幅制限は株価によってその値幅が決められています。

値幅制限の仕組みや意味

例えば、株価が100円未満なら値幅制限は30円となり、上限が株価+30円、下限が株価-30円となります。

株価が1万円以上で1万5千円未満なら値幅制限が上下3,000円、15万円以上で20万円未満なら上下4万円と、株価によってこのように決められています。

ストップ高やストップ安は安全に取引を行う事が出来る

現物取引をしている方にとって、ストップ高のような制限はない方がいいと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、信用取引で空売りをしている方にとっては、ストップ高があることで助かる方も多くいます。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

このように、この値幅制限は安全に取引をするために設けられています。

値幅制限を設ける事により投資家も冷静な判断を出来る

連日のストップ高やストップ安となると、リスクが高いように感じるかもしれませんが、実際値動きはほとんどない状態です。

何かしらの情報が出て注文が殺到しストップ安になったとしても、次の日には新たな情報が出て、大きく反発するということはよくあります。

その日の値動きを限定する値幅制限を設けることにより、投資家も冷静な判断ができる時間を作ることができます。

投資で失敗した時の救済処置ともいえる値幅制限

例えば大きな値動きを示せば、確かな情報を得ていない状態でも、その値動きが続くのではないかと感じ飛びついて購入してしまう方も多くいるのではないでしょうか。

しかし、このような購入の仕方はとても危険な行為です。また、購入していた株が大きく値下がりをした場合でも、値幅制限があることで助かったという方も多くいます。

このように、値幅制限は安全性を高め、急激な値動きに対して投資家に冷静な時間を与えてくれます。

ただ、こういった物に救われる前に、良い銘柄情報を仕入れて利益を出せる様にして行きましょう。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)