株の生前贈与を行って相続税対策をする上手なポイント!

生前贈与

多くの株式を保有している方にとって、気になるのが相続税ではないでしょうか。

自分にもしもの時があった場合、子供たちのために築き上げた財産を相続税によって大半をとられてしまうとげんなりする方もいると思います。

株を多く持っている際の節税対策で生前贈与がおすすめ!

この相続税対策として利用できるのが生前贈与です。

生前贈与では通常20%もの税金がかかります。しかし、生前贈与では非課税枠も用意され、上手く活用すれば税金を払うことなく、子供に財産を譲ることができます。

その一つが110万円の基礎控除です。通常、生前贈与では110万円以上の贈与に税金が課せられます。

110万以下の贈与なら課税対象にならない!

そのため、110万円以下の贈与なら税金を納める必要もありません。

複数回に分けて、110万円以下で贈与していけば、税金を支払うことなく子供に財産を譲ることができます。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>有名投資家達が仕入れる優良な銘柄情報2つとは?

しかし、毎年のように100万円贈与していると、税務署から税金逃れではないかと疑われます。

この基礎控除を利用する場合には、毎年の贈与額を減らしたり、2~3年に一回程度の贈与にすることで、税務署から疑われることなく贈与することができます。

65歳以上の方なら相続時精算課税方式を活用しよう!

このほかにも、相続時精算課税方式という方法があります。

この方法は2500万円以下なら非課税にするという制度です。この制度があるのなら、110万円基礎控除など利用する必要はないのではないかと思う方もいるかもしれません。

この制度には条件があります。この制度は、65歳以上の親から20歳以上の子供に対しての生前贈与が対象となっています。

そのため、この条件を満たしているのなら、非課税で生前贈与をすることができます。

この条件に満たしていない方は、110万円基礎控除を利用して生前贈与をすることで、大切な財産を贈与することで、税金を支払うことなく子供に譲り渡すことができます。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>投資家達が参考にする無料の銘柄情報リストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)