株の注文を行う時に特定口座でも一般口座で購入する事が出来る!

特定口座

初めて注文を出す時に一般口座か特定口座か選択する場所があり迷ってしまったという方もいるのではないでしょうか。

証券会社に口座を開設する時に、一般口座か特定口座かどちらを開設するのか選んだのに、なぜ注文する時に選択しなければいけないのかと思った方も多いのではないでしょうか。

特定口座でも注文する時には一般口座で購入する事も出来る

というのも、基本的には特定口座を開設していても、一般口座として株を購入することができるのです。

そのため、注文を出すたびに選択できるのですが、一般口座で株を購入して、利益が出てしまうと当然、確定申告の必要があります。

特定口座を開設した方の多くは、確定申告をするのが面倒だから特定口座を開設した方が多いと思います。

けれども注文時に一般口座を選択してしまうと納税する必要が出てくるので注意が必要です。

株式投資の確定申告は比較的簡単

確定申告は、サラリーマンの方にとってとても面倒と感じる物です。

所得税や住民税などの納税は会社がしてくれ、通常サラリーマンは確定申告をしたことがないので面倒と感じます。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

しかし、一度経験すると比較的簡単です。

また、特定口座で源泉徴収有りにすれば確定申告は関係ないと思っている方もいますが、確定申告をすることにより得をすることもあります。

一般口座で確定申告していれば、損失を繰り越せます!

株をしていれば、利益を出せる年もあれば大きな損失を出してしまう年もあると思います。

この損失を出した時に確定申告をすることにより、損失を繰越控除することができます。 損失を確定申告して繰越控除をすれば、翌年はその損失分の利益を控除され、納税額を減らすことができます。

確定申告をした時の損失の繰り越しは最大三年間!

損失が10万円あり、この損失を確定申告しておけば、翌年に50万円分の売買益がでたとしても、前年度の確定申告をした10万円を引いた40万円分の税金だけで済ませることができます。

この損失の繰越控除は3年分繰り越すことができます。

このように、面倒な確定申告ですが、損失が出た時には得な制度を利用することができます。

けれども基本的には、損失なんて出したくない物です。下記の様な優良銘柄情報を参考にして、利益を出せる様にされて下さいね。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)