株主優待の保有期間は権利確定日の4営業日前から!

保有期間

株主優待は株を買ってくれた株主に対して企業からお礼をもらえるものです。

通常なら株主には配当金がもらえますが、それ以外にも株主に対して株主優待という商品券や自社製品などを株主はもらうことができます。

ここではそんな、株主優待を受ける際に知って置くべき「保有期間」について詳しく解説させて頂きます。

株主優待を受ける為には保有期間を忘れずに!

この株主優待はどの企業が行っているものではなく、株主優待をしていない企業もあるので調べてから株を購入することが大切です。

この株主優待を利用するためには、株をどの程度保有していればいいのかと思う方もいるのではないでしょうか。

大切なのは保有期間では、権利確定日と呼ばれる日以前に株の所有者になっているかどうかです。

権利確定日前の4営業日前から保有しておこう!

権利確定日に株の所有者になっていれば株主優待をもらうことができます。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>有名投資家達が仕入れる優良な銘柄情報2つとは?

株の所有者になるには株を買ってから4日営業日必要になります。名義の書き換えのために4日必要になるので、権利確定日前の4日前には株を買っておく必要があります。

そんなことで、優待をもらえるのかと思う方もいるかもしれませんが、本当にもらうことができます。

株主優待は株を買わないともらうことができません。株を買うということはリスクも伴います。

株主優待の保有期間を過ぎた後の株価の下落には注意

株は常に変動をしていて、株を買った途端に下落することもよくあります。

特に株主優待を利用できる銘柄は権利確定日前には多くの人が株を購入するため、株価が上昇します。

しかし、権利確定日を過ぎると一気に株価が下落するということも考えておく必要があります。

このリスクを減らす方法に信用取引を利用する方法があります。現物取引で購入した株を信用取引で空売りをする方法です。

そうすればリスクなく株主優待をもらうことができます。株主優待は誰でも利用できるものですが、リスクのことも考えて利用することが大切です。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>投資家達が参考にする無料の銘柄情報リストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)