株の取引き口座の預かり区分の違いと選ぶポイント!

預かり区分

注文を出すときには、一般と特定といった預かり区分を選ぶ必要があります。

この一般と特定との違いは口座の違いです。一般口座に買い付けた株を入れるのか、特定口座に株を預けるのかの違いです。

株の口座で預かり区分の違い

一般口座と特定口座との違いの一つに、確定申告を必要とするか、しないかが挙げられます。

これは、口座を開設をするときに、特定口座を開くかどうかを選択することになるので、ほとんどの方がご存知のことと思います。

特定口座を選んで、源泉徴収有りを選択しているのなら、株で利益が出ても、確定申告の必要がありません。

株取引によって利益が出ても、特定口座なら証券会社が必要な税金分を徴収し納税してくれます。

しかし、一般口座の場合には、すべて自分ですることになります。

預かり区分によっては納税方法が違います

どの程度の利益があるのかを自分で把握して確定申告をして納税する必要があります。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

そのため、株を始めたばかりの方は特定口座を利用して、株取引をすることをお勧めします。

特定口座を利用すれば、納税などを気にする必要なく、株取引に集中することができます。

サラリーマンの方は確定申告をしたことがなく、確定申告と聞くだけで面倒と感じる方も多くいるのではないでしょうか。

預かり区分が一般口座なら申告する時にメリットもある

しかし、損失などがある場合には確定申告をしておくことで、得することもあります。

損失繰越という制度があり、株で損失が出た場合、確定申告をすることで3年間損失を繰り越すことができます。

この制度を利用すれば、翌年利益が出た時には、前年度の損失を差し引いた利益分だけの納税となります。

この申告をすることで、翌年度利益を出した場合には、納税額が少なくすることができます。確定申告は面倒と感じる方も多くいますが、一度申告さえすれば意外に簡単と感じる方もいます。

お得な株取引をするために、損失が出た時には、特定口座の方も頑張って確定申告をしてみてはいかがでしょうか。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)