株式市場のアノマリーとは?【実例をまじえて解説!】

株式市場のアノマリー

株式市場で確実に儲けるための理論や理由って有るのかな?

そんな事を投資を行っている方は、誰もが一度は考えた事が有るのではないでしょうか?

株式市場のアノマリ―とはどういう物なの?

しかし、全く理論としては成立していないにも関わらず、ジンクスのような情報により利益につながるようなこともあります。

こういう風に、株式市場のアノマリーとはこの明確な理論ではないジンクスのようなものを言います。

けれども明確な理由が無かったとしても、アノマリーを参考にして取引を行うとなぜか良い利益を出せると言うケースも良く耳にします。

アノマリーは初心者の方でも分かりやすく、大きな利益を得られることもあります。

なので上手く利用すれば、確実な利益にもつながることもあります。

日経平均におけるアノマリーの例

例えば有名なアノマリーとして日経平均のそれが挙げられます。

日経平均では、まず1月~2月にかけて値下がりをして、その後、5月付近まで値上がりをします。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

その後、9月付近まで軟調な動きを示し、10月ごろから強い値上がりを示すといったアノマリーがあります。

このアノマリーは、チャートを見れば誰でも確認をすることができます。

これには、じつは機関投資家の動きや投資の心理が関係しています。

アノマリーの理由は投資家のライフスタイルが影響有る事も

機関投資家が利益確定のための売りを出せば、それだけ日経平均も大きな影響を受けることになります。

機関投資家は決算後には株を売ることとなり、機関投資家の決算に合わせた動きを示すことがあります。

また、機関投資家は夏休みが長く、10月付近まで軟調な動きを示すのもそのためと言われています。

この様に、日経平均のアノマリ―は「投資家のライフスタイル」が影響されていると言われています。

株式市場におけるアノマリ―は多くの方が参考にしています

この日経平均のアノマリーは多くの投資家に知られ、その投資家がこの動きに対して売買をするため、さらにこのアノマリーの確実性が増します。

このアノマリーは憶測やジンクスのようなものです。

株価は情報や理論だけでなく、投資家の心理にも大きく影響して動いているので、このアノマリーの流れを上手く使い利益を出すことも考えてみてはいかがでしょうか。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)