バイナリーオプションの歴史は20年!新しい投資の形です

今話題の株や為替で取引を行う、バイナリーオプションの始まりは1990年代のイギリス、ロンドン市場が最初だと言われています。

まだオプション取引の歴史は20年程度

その歴史はまだ20年程度しか無く、投資の世界では比較的新しい部類に入るものです。似た名前の金融商品にオプションがあります。

オプションはバイナリーオプションとは全く性質が違っていて、損失も利益も限定されていません。

少々ややこしいですが、全く別の投資方法なのです。なぜ同じオプションという名前がついてるのかというと、どちらも権利を売買するからです。

トレーダーの口コミを集めて「本当に評判の良い優良業者」を確認できるサイトもおススメです。→海外バイナリーオプション業者の評判

 バイナリーオプションの歴史

権利を売り買いするバイナリーオプション

バイナリーオプションでは、値が上がった場合に利益を手にする権利を買います。また値が下がった場合に利益を手にする権利です。

その権利は、結果に応じて使える場合もありますし、使えずに放棄しなくてはいけない場合の二種類があります。

予測通りに値が上がったら、値が上がった時に使う権利を行使して利益を手にします。

もし値が下がっていたら、持っている権利を放棄します。これはその権利を買った時の購入金額が損失になるわけですね。

バイナリーオプションは、オプションの派生形なので、権利の売買だと思えば良いでしょう。

通常のオプション取引も同じで、買いの権利、売りの権利を売買します。

バイナリーオプションができた理由は、通常のオプション取引の複雑なルールを嫌ったトレーダーの中でもっと簡単なルールで始めたのがきっかけらしいのですが、それくらいオプション取引が難しかったということのようですね。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加