NISAの資産運用方法のおすすめの具体例をタイプ別に紹介!

NISA運用

NISAは利用者の方の年齢や、その方の資産額によって利用方法は大きく変わってきます。

人によってはNISAの使い方って全然変わって来るんですよね。

今回はそういった、その人の特徴に有ったNISAの資産運用方法についてご案内して行きます。

資産の有る方は相続対策に使える

例えば金融資産が1億円以上ある様な人はNISAってあんまり意味無いって思ったりしていませんか?

そのうち500万円が非課税になったとしても影響を感じられなかったり。

この様に資産を多く持っている人から見ると、この程度の非課税枠に対して興味ってわかないと思います。

けれども、生前贈与に関してはこういう方でも有効かもしれません。

お子さんが2人いたとして、1人につき500万円の非課税枠を活用して生前贈与を行うと、合計1000万円を非課税で贈与出来ます。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

また、その500万円の運用で得た利益に関しても非課税となります。ただ、もちろんこの2人のお子さんの年齢は成人している事が最低条件になります。

これからの資産形成を目的としたNISAの運用

年齢的にまだ若く、これから資産を作って行こうと考えている方にもNISAは良い投資の一つです。

こういった資産形成を考えている場合には年間100万円と言う非課税枠にこだわる事はしないで大丈夫です。無理せずに毎月3万円とかの積み立て気分で運用する方も多い事でしょう。

3万円を毎月NISAで積み立てたとして、年間36万円で5年で180万円になります。

そこから得られる値上がり益や、分配金や配当金等が非課税扱いで入ってきます。こう考えると資産を運用する事を考えるととてもNISAは優れています。

例えば途中で口座開設期間等が恒久化してくれれば、いずれは500万円と言う非課税の限度いっぱいギリギリまで財産を形成する事が可能になりますよね。

いずれにしても、NISAは資産形成の一つの方法として途上した仕組みですから、ある程度年齢が行った人も若い人にも大きくメリットのある投資種類です。

これから安定した投資をお得に行いたいと言う方は、一度NISAでの取引を検討されてみては如何でしょうか。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)