株の利益が出ても税金を納める必要が無いNISAはおすすめです!

NISAと税金

株を売り、年間を通して利益が出ている状態なら、その利益に対して20%の税金を納める必要があります。

この20%の課税は株の売買益だけでなく、株の配当などにも20%課税されることになります。

株で利益を出したら税金を納める必要があります

2013年12月末までは証券優遇軽減税率税制があり、10%の税金だったのですが、この軽減税率が終わり20%に戻ってしまいました。

しかし、この軽減税率が終わった代わりに登場したのがNISAです。

このNISAは年間100万円までの非課税投資枠が用意され、その枠内で得た利益に対しては無税にしてくれます。

そのため、大きな資金を動かす方にとってはあまり魅力がありませんが、これから株を始めようという方には、とてもお得な制度です。

NISAをうまく利用すると税金が掛からないのでおすすめ

NISAを上手く利用すれば、税金がかからないので資金を効率よく増やすことができ、これからの資産運用の練習にもなります。

ただ、このNISAは一度売ってしまうと、その枠を利用することができません。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

例えば、100万円の枠を利用して、1株250円のA株を2,000株、1株500円のB株を1,000株買って100万円の枠を使い切ったとします。

そして、A株が値上がりしたので2,000株売ったとします。

そうすると、50万円分の枠を使い切ったことになり、50万円分の枠は二度と使うことができません。

NISAは長期的な売買に向いています

すなわち、NISAの枠を使い株を買って、その株を売るとその価格分をもう一度購入することはできないということです。

そのため、NISAは短期的な売買ではなく、長期的な売買に向いてます。

この事をよく考えて使えば、NISAは初心者にとって強い味方になってくれる存在です。

通常なら、利益を出しても20%は税金で取られてしまいます

小資本での投資では、20%というのはとても大きな税金となります。NISAを上手く利用して、お得な株式投資を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)