サラリーマンが株で利益を出した時の税金計算はどうなるの?

サラリーマンの株の税金

株式投資をしていると、勉強をして行くうちに段々損益も大きくなったりします。

ある程度利益の量が増えれば、皆さん気になってくるのが税金ですよね。

サラリーマンなんかをしていれば、税金なんて勝手に天引きされているものという感覚だと思います。しかし株式投資で得られた利益にはしっかりと税金がかかります。

今回はそういった、サラリーマンの方が株式投資で利益が出た時の税金計算のポイントについて詳しくここでは解説して行きます。

株で利益が出た時には、どの程度持っていかれるの?

現在株の値上がり益に対して20%の税金が課せられます。配当も同様に20%ですね。今は復興増税のおかげで20.315%と実際よりも若干大目に徴収されています。

株の取引をやっていれば税金がかかるのは仕方ありませんが、すでに給料には税金がかかっているのにさらに投資で儲けたお金にまでって思わなくないですよね。

しかも損をした場合には保証はどこにもありません。損益通算はできますが、損が持ち越せるのは3年までと決まっているので気をつける必要があります。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

税金の支払いが面倒な方は証券会社に代行をお願い出来る

税金の支払い方については選ぶことができます。忙しい人には自動的に徴税される特定口座の源泉徴収アリを選んでおけば、税金不払いということにはなりません。

そういうチェックをしておけば、証券会社が代行してくれるので便利です。

さらに、特定口座で源泉徴収なしを選択することができます。

利益が20万円未満なら非課税になるのでもし20万円以内に収まるならおすすめです。ただし、これはサラリーマンの場合なのであしからずです。

株の投資での年間利益が20万を超えた時は

それに20万円以上利益確定した人は税務署で確定申告をしないと申告漏れとみなされてしまいます。

損益通算と譲渡損失の繰越控除を有効活用することができれば、また節税することができます。

税務署に赴く必要がありますが、不必要な税金を支払う必要がありません。複数の証券会社の口座間でも損益通算ができるので年間報告書を持って相談に行くのがオススメです。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)