株の取引き単位って何?ハードル高いと感じたらミニ投資がおすすめ!

株取引単位

いざ株を購入しようと思っても、取引単位によっては資金内で買えないなんて事も結構有ります。

気になる銘柄を購入しようと思っても、最低取引単位のハードルが高くて驚いたなんて経験をされた方も多いかもしれません。

今回はそういった、株の取引き単位について詳しく解説して行きます。

株の銘柄の取引単位っていったい何?

新聞などで色々な会社の株価を見ると、1株100円程度の株価などもあり、中には数十円という銘柄もあります。

株取引をしたことがない方は、この程度のお金なら自分でも変えるという印象を受けるのではないでしょうか。

しかし、株価が100円だからといって100円出せば株を買えるというわけではありません。

株取引の単元制度

株取引では単元制度というものがあり、各銘柄によって決められている単位数で取引されることになります。1株100円の株価でも、単位が1,000株単位なら10万円のお金が必要になります。

もし、単位が1株単位となっている株なら、株価が100円なら100円出せば購入することができます。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>有名投資家達が仕入れる優良な銘柄情報2つとは?

このように、各銘柄により単位数が決められているので、この単位数×株価と手数料が購入金額となります。

株を購入する際には、この単位をしっかりと確認して購入する必要があります。

この単位は銘柄によって違うので、株価が1万円するから単位を考えれば購入できないと思っても、確認してみれば1株単位の銘柄の場合もあり、この銘柄なら1万円と手数料だけで購入できる銘柄となります。

証券会社によっては、少ない単位のミニ投資も有ります

また、証券所によってはこの単位数を10分の1で購入できるミニ投資という商品もあります。

価格が500円で、単位数が1,000株なら50万円のお金が必要になりますが、ミニ投資を利用すれば、単位数が100株単位になるので5万円で欲しい銘柄の株を購入することもできます。

このくらいのお金なら気軽に始められるという方もいるのではないでしょうか。

株取引の雰囲気を掴むために、このようなミニ投資を利用するという方もいます。

また、購入金額が100万円するような銘柄でも、ミニ投資で購入できる銘柄なら10万円で購入することができ、通常の取引は買えない方でも欲しい銘柄の株を手に入れることができます。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>投資家達が参考にする無料の銘柄情報リストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)