ストップ安になると株を売れない!仕組みやリスクを詳しく解説

ストップ安

株取引ではストップ高があるように、ストップ安もあります。このストップ安は、ストップ高と反対で値幅制限の下限まで達した状態です。

現物取引をしている方にとってストップ高は至福の時であるのに対し、ストップ安は悪夢のような状況です。

最近では中国株のストップ安が話題になっていましたね。

ストップ安になると簡単に株を売れない!

このストップ安の状況になってから株を売ろうとしても、まず売ることができません。

このような、状況では売りが殺到し今まで見たこともないような注文数が出ていますし、ストップ安になった銘柄を買いたいという方も少なく、なかなか取引が成立してくれません。

1日でこのストップ安が治まってくれるといいのですが、連日のストップ安になってしまうと、株価が値下がりするのを眺めているしかありません。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

信用売りをしている方にとってはストップ安は嬉しい?

しかし、信用取引で信用売りをしている方にとっては、至福の時でもあります。

こんな時に、儲けられるチャンスがあるのが信用取引です。信用取引は値上がりする時にも、値下がりする時にもチャンスがあります。

常に値上がり基調の銘柄と、値下がり基調の銘柄を保有することで、急激な市場や銘柄の動きでもリスクを最小限にすることができ、確実な利益へと繋がります。

保有している値下がり基調の銘柄が、ストップ安になると大きな利益を得ることができます。

ストップ高の銘柄よりストップ安の方が見つけやすい

ストップ安になる状況は、経営状況に大きく左右するような情報が流れた時に起きやすく、注目している経営状態をしっかりと確認して取引をしている方にとっては、何度かこのような状況で利益を出している方も多くいます。

経営状態などは四季報などでも確認でき、スットプ高になるような銘柄を探すより、ストップ安になるような銘柄を探すほうが、個人投資家にとって探しやすいといえるのではないでしょうか。

信用取引をしている方は、リスク管理をするためにも、自分独自のストップ安になる可能性のある銘柄探しを見つけてみてはいかがでしょうか。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)