株で損切りをせずに塩漬けする際のデメリットやリスク!

損切りと塩漬け

株をやる人の中で、一番難しいと言われるのが売るときです。特に損失を確定させなければならない損切りはなかなか出来ないことですね。

玄人でも難しいのですから、初心者の方ならばなおさらだと思います。では、どうしたら損切りができるようになるのでしょうか。

今回はそういった、損切りをせずに塩漬けする際のデメリットとリスクについて解説させて頂きます。

損切を行わずに塩漬けする際のデメリット

まず、損切りができない原因の一つが、損失を回避したいという人間の根本的心理です。

だから、損失が出てもいつかまた上がるかもしれないと思ってそれを待ってしまうわけです。そういった心理がずっと続いて塩漬け株ばかり増えてしまっている方も多いと思います。

損切りのタイミングを逃しても「塩漬けにしてしまえば良いや」そういう方もいますが、これにはデメリットがもちろんあります。

一番大きなデメリットは、儲けることができる可能性を潰してしまうということです。

損失を確定して新たな株に投資した方が利益を得る回数が増えるのですが、それができないわけですね。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>有名投資家達が仕入れる優良な銘柄情報2つとは?

株はギャンブルではありませんが、取引きの回数を貸せ寝て行けば儲かる可能性は増えて行きます。

中には損切りはするなと言う人はいるけれど・・・

ただ、損切りをすれば資産が目減りするのは間違いありません。上昇トレンドにある株ならば、一時的な下落ですぐに回復するケースもあります。

それゆえ、初心者は損切りをした方がいいと言う人がいますが、損切りしないで持っていた方が結果的に儲かったというケースも中にはあります。

けれどもこれはあくまでも一例にすぎず、「損切りをして良かった」と言う話の方が格段に耳にする事は多いハズです。

特に信用取引を行っている人は損切りのタイミングを逃すと痛い目に合う事も。塩漬けのつもりが追証の連続なんて事も有ります。

損切りを行ってリスクを軽減させる考え方

損切りのメリットとしては、とにかくリスク・コントロールができるということです。

いつまでも損を引きづらないで済むので、いつも含み益が出ている画面を見ながらトレードが出来る点では精神衛生上良いですよね。

自分がどの程度の損なら許容できるのかをきっちり決めておいた方が損切りラインも見えてきます。

こういった事を考えて、リスクを感じる場合には損切りを積極的に行っていく様にしましょう。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>投資家達が参考にする無料の銘柄情報リストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)