株の注文期間を設定する時は「失効」しない様に注意しましょう!

株の失効

注文の出し方には指値や成行きなど株価や購入数量を指定して注文を出しますが、時には注文の期間も設定する事が可能です。

注文がいつまで有効な注文にするかを選択して、注文を出す副業投資家の方に多いスタイルです。

注文の期間を設定する時には「失効」には注意です!

仕事をしながら株取引をする方にとっては、この注文期間の設定は大切です。

常に取引ができない方は、株価が目的の価格になるまで注文を出した状態しようと期間を長めに設定して出します。

しかし、なかなか株価が動かず目的の株価にならないという場合には、いつの間にか注文が失効していたということにもなりかねません。

株の注文期間を設定したら定期的にチェックしよう!

その後に、せっかく目的の株価まで動いてきたのに、注文が失効していたために、株が売買できなっかたということがないように、長い注文期間を設定した場合には、定期的に注文をチェックする必要があります。

この注文期間の設定は、各証券会社によって多少の違いがあります。

注文期間の設定は生活スタイルに併せて設定する事が可能です

大きく別けて当日中の注文期間と、任意の期間指定をする方法の2種類に別けられます。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

当日中の注文でも、証券会社によっては当日前場のみ、当日の後場のみなどの設定ができる場合もあります。

仕事が午前中には終わるという方は当日前場のみの注文を出しておいて、午後からは相場を確認しながら取引をすることもできます。

また、任意の期間指定を設定する方法もあります。

株の注文期間の最大設定期間は?

最大の日数は証券会社によって違いがありますが1~2ヶ月程度範囲内で設定することができるので、毎日株の確認ができないという方には便利な設定方法です。

このように注文期間の設定は自分の生活スタイルや投資スタイルによって選ぶことができます。

株はできるだけ、毎日チェックをして適切な価格で注文を出すことが必要です。

中々仕事が忙しく株に時間が取れない方はリスクの少ない資産運用を

しかし、仕事が忙しい方にとっては、そのチェックすら大変という方もいます。

そんな方にとって、この注文期間の設定をすることにより、資産運用をするチャンスを得ることができます。

自分のスタイルにに合った注文の出し方や投資手法によってリスクの少ない資産運用をすることが大切です。”

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)