店頭株式市場はこれから上場が見込める有望銘柄が公開されています!

店頭市場

一般的に証券会社の店頭で売買される株の事を、「店頭株」と呼ばれています。

これは証券会社と投資家達の間で売り買いの値段を決めて行くものです。そういった市場の事を「店頭市場」と言います。

そんな店頭株式市場は、これから成長が期待できる銘柄が多いと言われ注目されます。

店頭株式市場にはこれから上場する見込みの銘柄が並んでいます

どんな銘柄でも店頭公開を行えるのかと言う訳では有りません。上場基準ほど厳しい物では有りませんが、しっかりとした基準は設けられています。

基本的に上場基準はクリアするほどではないけれど、これから間違いなく伸びていくだろうと見られたり、上場を目指す様な勢いのある銘柄のみが基準をクリア出来るのです。

「上場出来る可能性」が有る株が揃っていて、企業の認知度を上げたり資金を調達する目的で公開する企業が多いです。

店頭市場→証券取引所を介さずに、証券会社と購入者が直接売り買いを行う市場

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>有名投資家達が仕入れる優良な銘柄情報2つとは?

店頭株の種類は2つに分けられる

店頭株と言っても、公開されている物は大きく分けて二種類存在します。

一つ目は新規で登録を行って、これから上場して行こうと考えている様な登録銘柄と呼ばれる物。二つ目は今まで上場をしていたけれども、上場廃止になってしまって管理銘柄になってしまった物です。

管理銘柄の場合には落ち目になっているので、よっぽどの判断材料が無いと購入は踏みとどまった方が良いと思います。

登録銘柄→勢いのある新規銘柄
管理銘柄→上場廃止等の理由で落ちてしまった銘柄

店頭株の取引する方法

店頭株の取引きを行うには、相対取引と言う取引の手段で売り買いを行って行きます。

証券会社が「この株はいくらで売ります」と値段を発表して、これを元に値段を決めて行きスタイルになります。

簡単に言うと、売り手側と買い手側が向かい合って売買取引きを行って行くという形です。

こういった様に、店頭銘柄はこれから伸びる可能性が高い反面、リスクのある株も中には有ります。購入される際にはしっかりと見極めて取引を行って行きましょう。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>投資家達が参考にする無料の銘柄情報リストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)