信用取引の空売りを使って「儲ける可能性」を広げよう!

信用取引で空売り

周りに信用取引をしている方がいる場合に、よく空売りをして儲けたという話を聞いた方もいるのではないでしょうか。

そんな話を聞いてしまうと、空売りというのはそんなに儲かるものなのかと思ってしまいますよね。

今回はそんな、信用取引で空売りが儲かるのかについて詳しく解説させて頂きます。

空売りは稼ぐチャンスを広げる取引方法です

この空売りは株取引をする方にとっては強い味方になってくれる存在です。

そのため、儲かるというよりは、儲けることのできるチャンスを広げてくれる存在と言えます。

現物取引では株が値上がりをしてくれないと儲けるチャンスがありません。

しかし、信用取引では空売りができるため、値下がりをした場合でも儲けるチャンスがあります。

信用取引だと下げ相場でも空売りで利益を出せる!

株式市場は、上げ下げの波を繰り返し変動を続けています。そのため、上げ相場もあれば下げ相場もあります。

現物取引では上げ相場が儲けやすい状態で、下げ相場になれば儲けにくい状態です。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

しかし、空売りのできる信用取引では下げ相場を儲けられるチャンスの相場に変えることができます。

現物取引しかしたことのない方が、信用取引を始めることにより、空売りによって下げ相場が儲けられる相場となり、多くの方が空売りによって儲けられることになります。

現物取引しかできない状態では、明らかな下げ相場では株を買うことができず、相場を眺めることしかできません。

空売りができれば、そんな相場でもしっかりと利益を出すことができ、確実な資産運用をすることができます。

空売りは使い方によってはリスクヘッジも可能

また、値上がりをするであろう銘柄を買い、値下がりをする可能性のある銘柄を売ることにより、急激な市場の変化でもリスクを減らすことができます。

市場は、通常の状態なら値上がりする銘柄もあれば、値下がりをする銘柄もあります。

しかし、世界的な経済的な問題や政治的な問題が起こると、急にどちらか一方に動くことがあります。

こんな時でも、値上がりをする可能性のある銘柄と、値下がりをする可能性のある銘柄の両方を持っておくことで、どちらか一方が大きく儲かり、もう片方が損をすることになり、リスクが軽減されます。

このように、空売りは様々なチャンスを与えてくれる存在と言える取引方法です。

しかしながらリスクも当然有りますので、しっかりと考えた上での利用をお勧め致します。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)