金利と株価の関係性や影響度合いがとても高い理由

金利と株価の関係

良く金利と株価ってかなり連動して動くと言われています。金利が上昇すると株価は下落したり。逆に金利が下がると株価は上がる傾向です。

この様に長い目で見た時に、金利の動向は株価へ与える影響が強いので見逃せない物です。

今回はそんな、金利と株価の関係性とその影響度合いについて解説して行きます。

金利が与える株価への影響とその理由

前述した様に、金利と株価の相関の基本的な形として、金利が上がると株価は落ちて金利が下がると株価は上がります。

では何故その様な形が生まれるのか?それを身近な例を見ながら考えて行きましょう。

なんで金利は株価に影響を与えるのか?

例えばあなたが貯蓄に回せる余裕が100万円程有ったとします。普通ならこのお金をタンス貯金では無く銀行や郵便局などの金融機関に預ける事を考えますよね。

そこで普通貯金にしようか定期にしようか?それともファンドとかに回した方が良いのか?

そんな事を考えて出来るだけ金利の高い物を選ぶ様な考えになって行くと思います。出来るだけ利息は付いて欲しい物ですから。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>有名投資家達が仕入れる優良な銘柄情報2つとは?

この時に元々金融機関の金利が高ければ、リスクを犯して株式投資に手を出す必要が無いという心理が生まれる訳です。

逆に金利が低ければ、みなさんより高い利益を求めて投資に目が向くんですね。

【金利が株価へ影響する流れ】

公定歩合が上昇→金融機関の金利が上がる→金融機関へお金が流れる

→株式投資を行う人が減る→市場に流れるお金が減るので株価が下がる

現在の金利が与えている株式市場の影響は?

現在をみてみると、景気が上向いていると言ってもまだまだ低金利の時代と言えます。銀行にお金を預けても利息が期待できる時期では有りません。

しかし金利が下がるとお金を借りやすくなります。なので不動産投資に目を向ける方が増えているのです。

これから金利が上がった時、そういった不動産投資に流れていたお金が株式市場に流れてきて、株式市場が活性化する事も充分に有りえる時代ですね。

こういった様に、金利と株価は切っても切れない関係性が有ります。こういう事を考えて株式投資を行ってみるとちょっと違う視点から売り買いを行えるかもしれませんね。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>投資家達が参考にする無料の銘柄情報リストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)