為替と株価は連動する理由は例外を除き経済力の指標になるからです!

為替と株価

為替の動向って株価と連動して動くってよく言いますよね。

確かに動きをチェックしてみると同じ様なタイミングでチャートが動く経験をされた方も多いのではないでしょうか。

今回はそういった、為替と株価が連動する理由と注意すべきポイントをご紹介致します。

為替と株価の関係性について

基本的に円高になっているという事は、日本の通貨が強くなる事、日本の経済力が伸びている事を本来は意味するものです。

日本の経済を支えているのは、基本的に日本の会社ですから円高がすすめば日本の企業の株式が買われるのは自然の流れですよね。なので円高の時には株価は上昇傾向です。

また、こういう状態の時には海外のお金が日本国内に入って来るので、お金がだぶついて来る傾向なります。

するとお金を借りる様な人が減少して、金融機関も金利を引き下げてまでお金を貸し出そうとする様になるんです。

以前の記事の様、金利が下がると株価は上がっていきます。

金利と株価の関係性や影響度合いがとても高い理由

こういった様に、為替と株価はとても密接な関係に有るのです。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

ドルが落ち込んでいる時には注意しましょう

円高が進んで行って日本の経済が伸びるのは良いのですが、注意したいのはドルの暴落です。

それはなぜか?ドルはユーロと同様に国際通貨として認められているから。基軸通貨とか言われたりしますよね。

ドルはアメリカ国内だけでは無く国際的な決済を行うことの出来る通貨です。

経済大国アメリカのドルが暴落するという事は、アメリカ自体の信用を失う危険性も有ります。

それの防御策として各国協力体制を敷いており、日本でも円を売ってドルを買う様な政策を行ったり、日米の金利の差を広げてドルへの投資を促進させたりする政策が取られる時も有ります。

円高でも下がる様な例外の企業もある

いくら円高が株価上昇の後ろ押しをしてくれると言っても限界が有ると言うのと、例外のケースも有ります。

それは製造系メーカーの銘柄です。

海外で製造して日本国内で販売している時、この円高のあおりを受けて利益率が減少し、株価が下落してしまうなんて事が良く有ります。

特に近年の日本では海外生産や輸入して販売している様な会社が多いので、こういう会社は円高に対して逆に反応する傾向です。

こういった様に為替は株価に影響する要因は大きく有ります。株式取引を行う際には為替もしっかりチェックして売り買いを行って行く様にしましょう。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)