株価が決まる仕組み!こうやって株の値段は決定されます

株価が決まる仕組み

株の価格ってどうやって決まっているんだろう?なんとなくは分かりますけれども、具体的にはハッキリしない方も多いのでは無いでしょうか。

毎日の様に殺到する売買の注文からどうやって株価って決まっているんだろう・・・。

今回はそんな、株価が決まる仕組みについて詳しく解説させて頂きます。

基本的な株価が決まる仕組み

株価は色々な事が起因になって動きますが、考え方はとてもシンプルです。

基本的には需要と供給の仕組みになっていて、株を買いたい人が居れば株価は上昇しますし、売りたい人が多ければ株価は下がって行きます。

ただ、それがリアルタイムに変動しているので中々難しいんです。

「これからあそこの銘柄は新製品を出すらしい」と言ったうわさが流れれば、その日の内に株価が急騰するなんて事も。

多くの投資家の方達の思惑や考え方によって、株価は多く動きます。

それでは、「株価は投資家にのみ優先されているのか?」そう考えてしまうかもしれませんがそういう訳では有りません。

株価は2つの原則に沿って決まっています

日本の株式市場は、世界でも類を見ないほどの売買高を持つ市場になっています。海外の投資家も注目している市場で、毎日の様に売り買いの注文が殺到します。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

この様に注文が殺到している中で、出来るだけ公平な売買が行われる様に証券取引所では主に2つの原則に沿って株価を決定しています。

それは価格優先と言う考え方と、時間優先と言う考え方です。

価格優先と言う原則

それでは一つ目の株価を決める原則である「価格優先」について解説して行きます。

これは例えば同じ株の注文がいくつも出た時に、その注文数に関係なく買い注文の場合はなるべく高い物から、売り注文の場合は安い物から順に売買を成立させると言った内容です。

具体的に言うと、1000円の値が付いている株をそれぞれ別の人が1000円、1100円と注文を出したとしましょう。

この場合には1100円の方が先に成立して行く仕組みです。逆に売り注文の場合には安い方が優先されます。

時間優先の原則

もう一つの判断基準である時間優先についてですが、これはとてもシンプルで同じ銘柄を同価格で購入した場合、注文の早い方から優先される原則です。

ただ、特殊なケースとして、午前九時に始まる最初の取引である「寄り付き」の時にだけは別で、九時までに出た注文は全て同じ時間として処理されます。

こういった様に、株価って決定されて行きます。平等に価格は決まっているんです。

なので株式投資が気になる方は、これを機会に取引を始めてみては如何でしょうか?

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)