決算書を分析する事で初心者でも優良な株式銘柄を判断できる!

決算書

銘柄選びをする際に、まず初心者の方が覚える必要がある知識の一つに、企業の決算書の分析があります。

決算書は企業の成績表と考えることができ、大切な資産を投資する価値がある企業かを判断するうえで重要なものです。

決算書を見ると初心者でも株式投資すべき銘柄か判断できる!

この決算書を正しく見ることができるようになることにより、明日上がる株か、投資できる企業かどうかを判断することができます。

この決算書には、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフローの3つに分けることができます。

貸借対照表とはバランスシートも呼ばれるもので、企業の資産や資本、負債の状況を知ることができます。

このバランスシートの基本的な見方として、自己資本比率・流動比率・固定比率があります。

決算書のバランスシートの見方と判断ポイント

自己資本比率では企業の健全性を見ることができ、この比率が高ければ高いほど健全とみることができます。

流動比率では企業の安定感を見ることができ、少なくとも100%は超える必要があるといわれています。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

固定比率も企業の安定感を確認するもので、100%以下であることを確認します。

損益計算書では、簡単に言うとその企業がどの程度儲けているのか、損失を出しているのかを知ることができるものです。

この損益計算書では、当期だけで確認をするのではなく、前期や前々期などと比べ、利益などが成長しているのかを確認することが大切になります。

営業活動にどの位お金をかけているのかで企業のやる気を見る!

キャッシュフロー計算書では、その企業がどのようにお金を使っているのかを見ることができます。

このキャッシュフローには、営業・投資・財務と別けることができますが、重要になるのが営業活動のキャッシュフローです。

営業活動は、その会社の本業であり、本業である活動でどのようなお金の流れがあるのかを知ることにより優良企業であるかどうかの判断をすることができます。

このように、決算書では様々なことを教えてくれます。

見慣れていない方にとっては難しく感じるかもしれませんが、慣れると簡単に基本的な企業判断ができるようになります。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)