株の確定申告は特定口座と一般口座で申告方法が違う!

株の確定申告

証券会社で取引用の口座を開く場合、特定口座なのか、それとも一般口座であるかで税金の処理が変わります。

確定申告の仕方は特定口座か一般口座なのかで変わります

どちらも税率は同じなのですが、特定口座の場合は株式の譲渡益が出た場合、最初から源泉徴収を行ってくれるのです。

サラリーマンの場合、給与所得が2000万円以下で、株式などの利益が年間20万円以下であれば確定申告の必要はありません。

ただ、株式の譲渡益には税金がかかるので、その処理を最初から行ってもらうか、年度末に自分で行うかの違いです。

特定口座で有れば証券会社で税務的な処理は行ってくれる

特定口座であれば、それらの処理をすべて証券会社のほうで行ってくれるので、何もする必要が無いと言うことです。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

特定口座でも、源泉徴収を行ってくれる口座であることが原則ですが、これは自分の口座を調べればすぐにわかります。

そのほかの投資を一緒に行っている場合、たとえばFXやバイナリーオプションなども一緒に一つの口座で処理を行っている場合は一般口座となるために、確定申告が必要になります。

あくまで特定口座は株式に対してのものであることを理解しておきましょう。

確定申告が面倒と感じる方は「特定口座」での取引を選ぼう

確定申告は結構面倒なので、株式しか取引をしないのであれば特定口座で源泉徴収を行ってもらうのが便利です。

証券会社では、顧客の口座の状況に応じて取引記録や報告書を作成してくれています。それらを利用することで確定申告を行えるようになっています。

国内での投資における損失は、単年度で通算できない場合、確定申告を行うことで過去3年間にさかのぼって通算ができます。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)