株で権利落ちや確定日を知ると初心者でも株価の動きを予測できる!

株の権利落ち

株で投資を行う方が知っていおいたほうがいいことの一つに、権利確定日や権利落ち日があります。

この権利とは、配当金や株主優待などを、株主が得ることができる権利のことです。

権利を得るためには、権利確定日前にはその銘柄の株を買っておく必要があります。

株の権利落ちについて初心者の方は理解してから投資を行おう

その銘柄の配当金や株主優待などの権利を得ようと考えず、ただ株価の変動だけで利益を出そうと考えている方にとっては、この権利確定日や権利落ち日は関係ないと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、これらの日は、株価の変動によって利益を出す方にとっても重要なことです。

権利確定日は、その権利が確定する日で、権利落ち日とは、その権利が確定した日の翌日のことを指します。

権利の確定日と権利落ちの日には株価が動くタイミング!

この権利の確定日と落ち日とでは、株価に大きな影響を与えることがあります。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>有名投資家達が仕入れる優良な銘柄情報2つとは?

配当金や株主優待を得ようと考えている方の中には、確定日直前に株を買ってこの権利を得ようとする方が多くいます。

そのため、権利確定日が近づくと株価が上昇しやすくなります。時には大化け株になったり。

そして、権利落ち日以降はその銘柄を売る方が多く、大きく株価が下がることがあります。

この傾向は、変動幅に違いはありますが、どの銘柄でも見られる傾向です。

そのため、注目している銘柄の権利確定日と権利落ち日を知っているのと知らないのとではリスクが違ってくることになります。

対象銘柄の権利落ちの日を知って株価の動きを予測しよう

銘柄の権利落ち日を知っていれば、チャートなどでいい流れだからといって、権利落ち日を知らずに株を買ってしまい、買った途端に株価が大きく下がるといったリスクを事前に回避することができます。

このように、知っていればリスクを簡単に回避することができます。

配当金や株主優待に興味がないといった方でも、権利確定日や権利落ち日などを知っているだけで、株取引で利益が出やすい状況を作ることができます。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>投資家達が参考にする無料の銘柄情報リストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)