株式取引でのロスカットや損切りは感情的にならずドライに行おう!

ロスカットの大切さ

ロスカットの方法として大切なのが機械的に行うことです。自分の目安を決め、その目安に沿った損失が出た場合には迷わずロスカットをすることが大切です。

誰でも損失を出したくないので、含み損が出た状態で損失を確定したくないと思う物です。

ロスカットは感情を抜きにしてルール通りに行おう

もう少し待てば、値上がりをするかもしれない、今までの統計上必ず値上がりをすると誰でも欲が出てロスカットの判断をし辛い物ですよね。

確かに、含み損が出ている状態で待っていれば値上がりをして逆に利益が出る場合もありますが、その逆になることも多くあります。

ロスカットのタイミングは勘定を抜きにして行おう

けれどもこういう考えの方は結果的にマイナスになってしまいがちです。と言うのも結局ロスカットをするタイミングを逃し塩漬け状態になり、次の取引きに切り替える事ができな居みたいです。

堅実な利益を出していくには、自分が決めた損切りのルールを守ることです

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>有名投資家達が仕入れる優良な銘柄情報2つとは?

ルールを守り続けそれでも利益が出ないという場合には、ルールを改善し利益が出るような仕組みに変更し、新しいご自身で決めた法則に沿って取引を行って行きましょう。

これを繰り返すことにより堅実な利益が出せるルールが完成し、着実な資産運用ができるようになります。

自分なりの取引のルールを常に見直しながら利益を生み出す法則を身に付けよう

基本的には感情的にならないのが株式投資で勝つコツです。ルールを守らずに、その場しのぎの取引をしていたのでは、いつまでたっても確実に利益を出すことはできません。

一度決めたそういったルールを徹底して守ることで、そのルールの良い点と悪い点も分かってきます。株式投資で一番大切なのは自分を信じることです。

自分の決めたルールを守りながら、利益の出せるルールを作り上げることに専念することが大切で、このルールさえ決まれば確実な資産運用ができます。

目先の利益にとらわれるのではなく、確実に実力をつけるためにも自分の決めたルールを常に見直しながら、精度の高い自分なりの取引ルールをハッキリ作って行きましょう。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>投資家達が参考にする無料の銘柄情報リストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)