株のクロス取引で株主優待や節税対策を行うテクニック!

株のクロス取引

株式投資でのクロス取引は、節税対策をはじめ、配当や株主優待をリスクなく得るためによく使われている方法です。

この場合のクロス取引では、現物買いと信用売りを利用します。

株でのクロス取引は株主優待や節税対策を狙えます

クロス取引は現物買いと信用売りを同じ銘柄を同じ数だけ取引します。

買いと売りを、同じ数持っていれば株価の変動に対して損失が出ることなく、配当や株主優待の権利を得ることができます。

節税対策としてクロス取引を利用できるテクニックも

また、その他にも節税対策として利用している方もいるようです。通常株取引をする場合、複数の銘柄に投資をしています。

保有している複数の銘柄すべてに含み益が出ているようなケースは少なく、一部は損失が出ている場合が多くあります。

このような時に、年末に損失を確定してしまい、年明けになってからその銘柄を同じ数だけ買い戻す方法もクロス取引の一種となります。

まだ自分で銘柄探してるんですか?

有名投資家達が稼げているのは良質な銘柄情報をいち早く手に入れているから。 投資家達が人に教えたがらない「2つの優良な無料銘柄情報」を限定公開中です。

>>プロのトレーダーが手に入れている無料の銘柄情報を確認する

この方法なら損失を確定させた分だけ、利益が減ることとなり、納税額も減らすことができます。

クロス取引は使い方によってはメリットが沢山有ります

このように、クロス取引では利用の仕方によってメリットがある方法です。

同じ銘柄を同じ数だけ、買いと売りのポジションにあれば何のメリットもないように思ってしまいます。

しかし、両方のポジションにあるということは、それだけ株価の変動に対してのリスクを軽減させることができると考えることができます。

株価が変動しても、買いと売りのポジションにあるため、リスクがほどんどない状態です。

どちらか一方のポジションでは、購入した段階で大きなリスクを抱えていることとなります。

クロス取引を行うと株価の初動に素早く対応できる!

気になる銘柄があれば、とりあえずクロス取引をして、どちらか一方に大きく変動することが分かってから、逆のポジションを決済してしまうという方法もあります。

この方法なら、株価の初動の動きにも簡単に対応することができ、大きな利益を得ることも可能です。

どちらかに変動するか分からないという時には、このクロス取引を利用することが最善の方法と言えます。

【投資家が参考にする明日上がる株の銘柄情報】

投資家が人に教えない無料の銘柄情報メルマガリスト

明日上がる株銘柄 >>プロの投資家達が参考にしている明日上がる株をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)